客観的な視点と論理的な占いで、あなたのこれからの戦略を立てます

WordPress開設の心強い味方!おすすめ書籍2冊の紹介!

こんにちは、蒲原ゆい(@yk_tarotas)です!

WordPressに興味を持っているけど、開設までに勇気が持てない人が多いのではないでしょうか。

特に占い師の場合はネットに疎い人が多く、情報を調べるのも一苦労する人もいると思います。

ネットよりも本の方がいい~!という人はいるのではないでしょうか。

大丈夫です、今日はそんなあなたにお勧めの2冊を用意してあります。

二冊ともサーバー(土地)を借りる所から始まっているので、サーバーの契約の仕方がわからないという人でも大丈夫な作りになっています。

ゆい

ただし、ネットの場合サイトの更新等情報が古くなる可能性もあるので、あまり過信しないように

はじめてのブログをワードプレスで作るための本

作成形式:ブログ

契約説明サーバー:エックスサーバー

ドメイン取得サービス:ムームードメイン

使用テーマ:hueman

Amazonだと新品が倍近く高騰しています。

楽天ブックスや地元の本屋さんで購入する事を推奨します。

定価は1944円ですからね!ここテストに出ますよ!

ゆい

私も本屋をハシゴして探したよ……!

サーバー契約~開設設定までが非常に丁寧

他の本だと大体数十ページで解説が終わってしまうのですが、本書は100ページ以上にもわたって詳しく説明しています!

特に画像が大きくて数が多い為、視覚的に理解をすることができます。

次にどこのボタンを押せばいい、ここを入力すればいいんだよという説明が非常にわかりやすいです。

 

また文章も堅苦しくなく、分かりやすい言葉で説明してくれているので、専門用語が飛び出てきてはてなマークが出る事も比較的少ないです。

所々にイラストも描いてあるので、ほんわかした雰囲気でブログを開設できると思います。

ゆい

トラさんがかわいい

読みやすさを意識したブログの書き方を教えてくれる

ブログの設置・書き方を教えてくれるだけでなく、読者が読みやすくする方法も押さえています。

小タイトルをつけて意図的に読みやすくしたり、画像のサイズに気を使ったり……。

ちょっとしたワンポイントも載っているので、非常にためになります。

あくまでブログの解説本

一つ欠点を挙げるとするならば、ブログの更新までで止まっている事です。

メニューバーを作ってページを表示させやすくしたりする方法が載ってなかったりします。

ゆい

よくHP上部にあるこういうのね

他にもフッター(画面下に住所とか電話番号が書いてあったりする)の編集方法等も載ってないので、問い合わせ先が必要な占い師がブログを作る時には若干情報が不足しているかな、という印象です。

あくまで個人がブログを開設する本程度に考えておいてください。

第三版いちばんやさしいWordPressの教本

作成形式:ブログも書けるHP

契約説明サーバー:さくらのレンタルサーバ

ドメイン取得サービス: さくらのドメイン

使用テーマ:Lightning

サンプルサイト:https://samplehp.life-loony.com/

 

ゆい

本を読みこめばこのサイトよりも高品質なHPが作れるよ!

小さなお店のホームページがコンセプト

先程の「はじめてのブログをワードプレスで作るための本」が個人用ブログだったのに対し、本書は個人商店~数名のお店向けの作りになっています。

ゆい

一応Lightningでブログ形式のページを作ることはできるけどね

その為サイトの作り込みに関しては本書の方が上です。

メニューバーを作って料金ページを作ったり、問い合わせフォームを設置したり……占い師には重要な要素がたっぷり詰まっています。

本書の方が少し応用になるかな?と言った印象です。

テーマに左右される話が少し多い

応用を利かせている分、特定のテーマの機能を使っていることが多いです。

初期からついている物なのかそのテーマ専用の機能なのかわかりにくい所があります。

ゆい

SNSの共有タグがない事に気づいた時の絶望感

まあカスタマイズしたくなったら、WordPress脱初心者です。

そこからは自分で調べて問題を解決していくしかない所があります。

WordPressは調べる力がモリモリ付きますよ……!

ブログ編集画面について(2冊とも共通)

一つ触れておきたいのが、2018年の12月にWordPressの大規模アップデートがあり、その際にブログを書く編集画面が大幅に変更されました。

両書とも2017年の本なので、最新の編集画面とはかなり違ってきます。

トライ&エラーで最新の編集画面に慣れていくのもありですが、本と同じ編集画面でやりたいという人もいると思います。

そこでお勧めするのが「Classic Editor」というプラグインです。

WordPressを入れたら真っ先に入れてください。

1:左側のメニューから「プラグイン→新規追加」

1番目の所にカーソルを当てると、右側に窓が出てきます。

右側の窓の中に「新規追加」の文字があるので、そこをクリックしてください。

 

2:Classic Editorの検索・有効化

トップページにClassic Editorが載っているので、「今すぐインストール」を押します。

インストールが済んだら、「今すぐインストール」ボタンがあった所が「有効化」の表記に変わります。

そのまま有効化ボタンを押せば設定は完了です。

これで本と同じ編集画面でブログが書けるようになります!

まとめ

  • ブログを作りたいなら「はじめてのブログをワードプレスで作るための本」
  • HP風のページが作りたいなら「いちばんやさしいWordPressの教本」
  • 2冊とも丁寧さの範囲が違うので、両方とも持っておくと良いかも
  • 本と同じ編集画面にするにはプラグインが必須

こんな感じですかねー。

少しでもWordPress開設までのお手伝いが出来たらいいなと思います。

それでは、よきWordPressライフの第一歩を!