神秘的でかわいい!CUCOLORIS TAROT&TAROT MAREGICIANを買ってみた

こんにちは、蒲原ゆい(@yk_tarotas)です!

私は今まで「ユニバーサル・ウェイト・タロット」一筋でした。

しかし、ニチユーの紹介画像を見て一目惚れして、そのまま勢いで購入しました。

それが、今回紹介する「CUCOLORIS TAROT(以下キュコリス)」「TAROT MAREGICIAN(以下マレジシャン)」です。

MASA KUZUKI氏が描く不思議な世界

ゆい

出たカードがひどい(笑)

左から「キュコリス」「マレジシャン」「ユニバーサル・ウェイト・タロット」です。

絵を見るとわかると思いますが、この2つのタロットは同じアーティストが描いています。

ニチユーさんの商品ページによると、MASA KUZUKI氏が描いているそうです。

二つとも影絵のような表現と、背景のグラデーションのおかげで不思議な雰囲気を醸し出しています。

神秘的で幻想的な世界観だけどどこか可愛い……、私の語彙力の無さに辟易します(笑)

これで78枚のフルデッキですよ。物凄く豪華なデッキなのがよくわかります。

カードは一回り小さめ

また、このカードはアジアで作られたためか、アジア人の手に馴染む大きさです。

マレジシャンとユニバーサル・ウェイト・タロットを重ねてみるとわかりやすいかな?

ユニバーサル・ウェイト・タロットの黒縁部分から少しはみ出る程度の大きさです。

この大きさが実にちょうど良く、女性の手にちょうど収まる大きさです。

ゆい

従来のタロットカードが大きすぎるんや……。

マルセイユ版・ウェイト版の両方に対応

タロットを購入する時に注意しないといけないのが、「カードがウェイト版なのかマルセイユ版」なのか見なくてはいけない点。

カードの絵柄もそうですが、力と正義の順番が入れ替わっているので、少しややこしいです。

その点このデッキ達は正義・力のカードが2枚入っているので、自分好みにカスタマイズができます。

画像はマレジシャンタロットです。上がマルセイユ、下がウェイト版です。

順番が入れ替わっているだけでなく、絵柄も違います。

クリエイターさん仕事しすぎ……!

個人的にマレジシャンはマルセイユ版の絵が好みです。

でも使うのはウェイト版……。物凄いジレンマ。

実際に使うのは少し難しいかも

実際に使ってみたんですが結構使い辛いです。

影絵なのが仇となり、読み取る情報量が結構少なくなっています。

ゆい

カードの色とか表情・人物像が大事だって事がよくわかりました

タロットと同じ表記のキュコリス

キュコリスに関しては、小アルカナがタロットと同じ表記なので実戦でいけます。

ソード10が従来のカード以上に絶望的(笑)

個人的には逆位置は採用しないほうがいいかなと思います。

ただでさえ情報量が少ないのに、逆位置で絵を読みづらくしたら多分読み取るのがかなり大変だと思います。

デザイン性を重視してか、文字が小さいですしね。

絵の雰囲気でパッと読むしかなさそうです。

コートカード達。

影絵だからぱっと見男か女かわかりにくい……。(左のソードキングとか)

アイテム持ってる分、マレジシャンよりはわかりやすいんですけどね。

トランプ配置のマレジシャン

一方のマレジシャンはタロット表記ではなくトランプ表記です。

クラブ=ワンド・ペンタクル=ダイヤ・スペード=ソード・カップ=ハートなのですが、初見じゃまずわかりません。

絵柄もタロットに準じた絵柄ではないため、絵柄で判別することも不可能です。

マルセイユ版に慣れてる人ならまだいけるかもしれませんが、ウェイト版に慣れている人だとかなり厳しいです。

ゆい

私のことだけどな!

コートカード。もはや数札と区別がつかない。

マレジシャンは上級者すぎる……。

気になるお値段

税抜8,600円。高いわ!

可愛いので、コレクションとして割り切るのも一つの手かもしれません。

もしくは第2版以降を待つのも1つの手です。

(初回限定版だからこの値段の可能性が高いです)

まとめ

もしどちらかを買うか悩んでいると言われたらキュコリスを推します。

最も、値段が値段なのでコレクション要素と割り切るのも一つの手です。

一度はアーティストタロットを持ってみたいと思う方にお勧めしたいタロットでした。