客観的な視点と論理的な占いで、あなたのこれからの戦略を立てます

西洋占星術に向いている質問・向いていない質問

こんにちは、蒲原ゆい(@yk_tarotas)です!

さてさて、占いの質問編もとうとう最後になりました。

今回は「西洋占星術」に焦点をあてていきたいと思います!

西洋占星術に向いている質問

自身の性格・性格傾向を知る

「私の性格って占星術ではどんな風に映るんだろう」

「恋愛に失敗してしまう事が多いです。何故でしょうか?」

「私の適職は何でしょうか」

自分が生まれた時のホロスコープを作成することで、大まかな性格や傾向を知ることができます。

自分の性格や癖はわかっているようでわかっていません。

ホロスコープで自分を客観的に見ることで、今までわからなかった癖がわかるようになります。

ホロスコープとは

知りたい日時の星の位置を図にしたもの。

惑星の位置や惑星同士の相性によって、その人となりを知ることができます。

相手の性格・相性を知る

「好きな人に好かれるためにはどうしたらいい?」

「彼との相性はどうですか?」

先ほどの自分と同じ感覚で相手のホロスコープを作成します。

相手を深く知ることで、より効果的に親密な関係を築くことができるようになります。

ゆい

相手の好みの星に合わせたところで、自分がついていけるかどうかは別の話だけどね

そして、自分のホロスコープと相手のホロスコープを合わせる事により、相性を見ることができます。

ちなみに、先ほどの発言であった「相手の星に合わせても自分がついていけない」という事も、相性図で見る事ができます。

……意外と出たりするんですよ。こういうの。

未来の節目・転機を予測する

「私のモテ期はいつ頃来そうですか?」

「転職をする時期はいつ頃がいいですか?」

未来のホロスコープと自分のホロスコープを重ねる事で、転機を見る事ができます。

タロットと違い数年後、頑張れば数十年後まで見る事ができます。

運気がいい時を知る事で、少しでも効率的に動くことができます。

ゆい

ただし、運気がいい時期が来たら自分から動く事!動かなければ意味がないからね!

西洋占星術に向いていない質問

状況や心理を見る

「明日のプレゼンに成功するにはどうしたらいい?」

「恋人から連絡が来ません。相手の気持ちを教えてください。」

西洋占星術は大まかな運気は見れても、細かい質問や心情を見るには非常に不向きです。

こういった細かな質問はタロット等の卜術で見ることをお勧めします。

卜術とは

カードやサイコロなど、その時に出た物で運勢を見る占い。

行動の吉凶やアドバイスをする

「転職がしたいです。A社とB社どちらの方がいいですか?」

「今告白しても大丈夫ですか?」

これらもタロットの方が向いています。

告白や転職の時期を見る事ができても、どっちがいいのかまでは見る事ができません。

まとめ

  • 自分や他人の本質や癖を見る事に向いている
  • 運気を長期的な視野でみる事に向いている
  • 細かい質問やアドバイスには向いていない

 

こうしてみると、タロットと正反対なのが分かると思います。

占いたいことによって占い師を変えたり、もしくは両方とも使える人に頼んだ方がいい事がわかると思います。

他にもまだまだ占術はありますが、私がわかる占いはこれ位なので(スイマセン)

今回の向いている質問・向いていない質問集はここまでにしたいと思います!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!