客観的な視点と論理的な占いで、あなたのこれからの戦略を立てます

天職に出会って気づいた事、そして次の目標について

こんにちは、蒲原ゆい(@yk_tarotas)です!

就職してから1か月が経過しました。

自分がやりたかった事ができて「あぁ、これが天職なんだな」と思う事が多くなりました。

一方で不満も出てきてこれからどうしようと思う事も出てきました。

今日は天職についてお話しようと思います。

そもそも天職って何だろう?

  1. 生まれつきの性質にあった仕事
  2. 仕事をしていて楽しいと感じる
  3. 好きなあまり没頭する、作業してなくても考えてしまう
  4. 好きな事がで社会的に貢献できる・責任を持てる

こんな感じの回答が多かったです。

私の場合は2と3が該当しているかなと思います。

(1はともかく、4はパートだから社会的責任に対して自覚が無い)

 

これだけではわかりづらいので、何故天職・仕事が楽しいと感じるのか考えました。

  • 今まで勉強してきた事が生かせる(ソフトウェア・ブログ運営・マーケティング)
  • 仕事に対して向上心が湧く
  • 人間関係が比較的穏やか
  • 設備が充実している(ソフトウェアが最新版・PCのスペックもそこそこいい)
  • 自分の裁量で仕事ができる(意見を出すと「じゃあやってみる?」と言ってくれる)
  • やってきた仕事に対して上司が褒めてくれる
  • 片道30分圏内で、しかも自分が決めた時間帯(=交通ラッシュを避けた時間帯)で行ける
  • 定時で帰れる

 

ゆい

一部天職とは関係ない物が混じってる気がする

でもまぁ、天職は周りの環境も影響する気がするんですよね。

好きな仕事でも人間関係が嫌で挫折してしまったとかよく聞きますし。

そういう意味では私は幸運だった気がします。

天職ではお金が稼げないのか?

天職だと感じる一方で、不満もあります。

  • 収入が少ない(前職より手取りが3万減った上にそこから年金を支払うようになった)
  • ガソリン代が痛い(今までの職場は15分圏内だった)
  • 仕事が好きだからスキルアップ・設備投資したい→お金の消費が激しい

……主にお金の事ですね。生きていく上で大切な事だから仕方がないですが。

AdobeCCにOffice365・スキルアップのためのパソコン教室や本。

これらに加えてMacBookProが欲しいとか思うんでっせ。どう考えても口座が死ぬ。

好きだからこそ、趣味のように収支やその他(健康等)を度外視でやってしまうのです。

困ったものだ。

天職とお金を稼げる事は別であり、これからの目標でもある

そう考えると天職って難しいですよね。

難しいからこそ「この仕事は好きじゃないけど、お金を稼ぐ為に働く」考えが出て来ます。

適職ってやつです。

 

中には「天職で稼げている人もいるよ!」と言う人もいますが、何かしらの形でお金を稼げない問題をクリアするなり問題をカバーしているかだと思います。

出世するなりマーケティングして自分を売れるようにする(純粋にステップアップする)、適職の副業・結婚したり(抜け道・妥協案を探す)……まぁ、色々あります。

どの道が最適なのかは今の私にはわかりません。

その答えを出すのが次の目標かな、と思います。

まとめ

  • 天職は何か?何をもって天職・好きな仕事なのか、一度考えてみる事
  • 天職=お金を稼げる仕事ではない。稼げるようになるには次のステップ
  • 純粋にレベルアップするだけがゴールじゃない。抜け道や妥協案も探すことも一つの結論である

天職はよく聞かれる質問ですが、見つかったら見つかったで大変だよと言う記事でした。

現場からは以上です。