客観的な視点と論理的な占いで、あなたのこれからの戦略を立てます

占い師の集客はブログとHPどっち?サービスとサーバーも調べてみた

こんにちは、蒲原ゆい(@yk_tarotas)です!

突然ですが、占い師の皆様はどういったサービスで情報を発信していますか?

オードソックスな物だとブログ、特にアメーバが提供しているアメブロが有名でしょうか。

私はサーバーを借りてWordpressというブログソフトウェアをインストールして使っています。

今日はどの位の人がどうやって運営しているのか調べてみました!

調べ方

1:Twitterの自己紹介エリアから飛ぶ

調べる対象は私がTwitterでフォローしている人達(220人)です。

プロフィール欄または輪っかマークがついている所のアドレスから飛びます。

この時、ブログを持っていてもアドレスを書いてない人は省略しています。

ゆい

いちいち検索をするのが面倒だったんだ……

2:集計orSEOチェキをかける

リンクで飛んだサービスがアメブロ・はてなブログ等のレンタルブログサービスだったり、Wix・Jimdo等のHP作成サービスだったら、そのままエクセルで集計します。

もし、独自ドメインだったらアドレスをコピーしてSEOチェキでチェックします。

(はてなで独自ドメインを取っている人はレンタルブログとしてカウントしています)

SEOチェキはアドレスを入力し、そのままチェックボタンを押したら結果が出てきます。

結果が出たら、画面左下にあるサーバー・ドメインでどのサーバーを借りたかチェックします。

上の画像の「ホスト」項目がレンタルサーバーの項目です。

たまにIPアドレスが出て分からない物がありますが、それは「不明」としてカウントしています。

サーバー名がわかったら、エクセルで記入していきます。

ついでに作成形態がHPかブログかどうかもチェックしておきます。

判別の基準は「TOPページに最新記事の一覧がメインとして載っているかどうか」で見ています。

もっとわかりやすく言うならば、

HP

アドレス:https://samplehp.life-loony.com/

 

ゆい

このためだけにサンプルHPサイトを作った

上の本を見ながら頑張って作りました。

とりあえず無料で作ってみたけど、有料テーマの方が自由が効いていいと思いました(小並感)

まあ、その話はどうでもいいですね。うん。

ブログ

アドレス:https://life-loony.com/

 

2つの画像を見比べればわかりやすいと思います。

ブログは全面に記事一覧になっていますが、HPの方はあくまで一項目として載っています。

ブログも一緒に更新できるHPだよー!と考えて頂けるとわかりやすいかな?

結果発表

説明はこの辺にして、肝心の結果を発表をしたいと思います。

220人調べて、何かしら別のサービスを持っている人は125人でした!

約半数の人が持っている計算になります。

ブログとHPどっちが多いか

ブログが76人・HPが42人でした!

後はインスタやFacebook等のSNSだったり、(twitterもSNSだからカウントしなくてもよかった気がする)、BASEと言ったオンライン決済ページでした。

 

次の項目にある表見ていただけるとわかるのが、

  • ブログが大半(まあこれはアメブロが稼いでいるからだと思うけど)
  • HP作成(Wix・Jimdo等)サービスのお陰でHPも健闘している

なのも結構面白いポイントだと思います。

それを踏まえて次の表を見てください!きっと楽しいですよ!

サービスとサーバーはどれが人気?

圧倒的ではないか!アメブロは……!

後ろにレンタルサーバーのエックスサーバー・不明のサーバーと続き、またロリポップ・さくらと言ったレンタルサーバー達がほぼ同時に並びました。

上位の割合を見る限り、WordPressブログとアメブロが拮抗している印象を受けました。

ただしレンタルサーバーの計算時に、WordPressブログ・WordPressHP・プログラミングで作成したHPと細かく集計していません。

よって実際は若干WordPressブログ側が少ないかな、と思います。

結果発表

  • HPとブログではブログ派の方が多かった!
  • 王者アメブロとWordPressは意外と拮抗していた
  • WixやJimdoでHP作成も意外と人が多くて便利かも

うすうすわかってはいましたが、やはり数値にするとわかりやすいですねー。

もしこれから集客をやる際にどのサービスで作るか迷う人は、この記事を参考にして決めてみるのもいいかもしれません。

ゆい

私的にはWordPress派に来て欲しい所だけどな……!

まぁ、WordPressに関してはまた後日記事にしてみようと思います。

それではっ!