客観的な視点と論理的な占いで、あなたのこれからの戦略を立てます

占星術アプリ「Astro Gold」初期設定メモ

こんにちは、蒲原ゆい(@yk_tarotas)です!

つい数週間前、占星術アプリ「Astro Gold」を購入したのですが、全部英語の為放置していました。

しかし最近、せっかく購入したのだから少しでも使いこなせねばと思うようになりました。

ゆい

多分私と同じように英語で挫折した人がいるんじゃないかな

今回は自分用のメモを兼ねて、Astro Goldの初期設定の設定を説明したいと思います!

例によって画像が多めです。ご了承ください。

私の環境

  • iOS版
  • iPhone8 / iOS12

で行っています。

よって、Android版だと少し違う可能性があります。

予めご了承ください。

初期設定(場所設定)

とりあえず購入~ダウンロードまでは省略します。

1:iCloudへのチャート保存設定

 

最初に起動するといきなり長文の英語が出てきます。

これは「チャートファイルをiCloudに保存しますか?」と言う説明文です。

iCloudに保存するとiPhoneを変えた時にデータを引き継いだり、iPadやmacとチャートデータを同期する事ができます。

チャートファイルを保存したい場合は「Use iCloud Drive」を、保存したくない場合は「Local Only」を選んでください。

また、この設定はSettingsページの「iCloud Drive Disabled」で変更できるので、今の時点では深く考えなくても大丈夫です。

2:場所設定

自分の住んでいる場所を設定します。

画面下側にある「Settings」を押して(1)、「Home&Atlas」(2)をタップします。

すると、こんな画面になったと思います。

初期設定ではオーストラリアになっているので、自分の住んでる場所にセットします。

まず、上から2番目の住んでいる国を変更していきます。

右側のインフォメーションボタンをタップします。(3)

すると画面が変わり一覧がずらりと出てきます。

右側のアルファベット一覧から「J」をタップします。

ゆい

iPhoneだと少し押しにくいけど頑張って

次にJapanを選択します。(4)

選択すると(3)と(5)の画面に戻ります。

変な文が出てきますが、「日本にアデレードって地名は無いよ!」と言う意味なので無視してOKです。

 

画面が戻ったら一番上の地名部分のインフォメーションをタップ(5)します。

国選択と同じように、一覧から一番最寄りの地名を選択してください。

全国の地名がずらりと並ぶので探すのが大変ですが、頑張って探してください。

 

ちなみに同じ地名がいくつか出てきますが、

赤線のように都道府県別で出てくるので、自分の県を選択してくださいね。

ゆい

静岡の清水町は清水区の犠牲になったのだ……

 

地名が選択できたら、こんな感じになったと思います。

私は「日本の清水区」で設定してあります。

ゆい

本当は違うんだけど、蒲原・由比がある清水で設定しました

 

これで場所設定は終了です。お疲れさまでした。

ここから「View」アイコンをタップすると、ホロスコープ画面が出てきます。(1)

そこから(2)の更新ボタンを押すと、先ほど入力した地名と現時刻のトランジットホロスコープが出てきます。

これだけでも十分実用的ですが、人によってはアスペクトと惑星・ハウスシステムを変更したくなると思います。

という事で次からはこれらの設定を変更していきたいと思います。

初期設定(アスペクト・惑星・ハウスシステム)

アスペクト

初期の状態だとマイナーアスペクトまで表示されているので非常にうっとおしいです。

よって、私はマイナーアスペクトを全てOFFにしたいと思います。

Setting画面に戻り、上から3番目のAspects項目をタップします。(1)

次に右上の「Edit」を押します(2)

次に「どのアスペクトセットの設定をいじりますか?」と聞いてくるので、とりあえず「Standard.asp」をいじる事にします。(3)

アスペクト一覧が出てきます。

消したいアスペクトを見つけたら、スライドでOFFにします(4)

 

ちなみにスライドの下に4つほど数字を設定する項目があります。

私も詳しい事はわかりませんが、「Luminary」が月と太陽、「Other」が他の惑星とのアスペクトかなあ?と推測しています。

まあ面倒なので全部のアスペクトを一律5度にしましたけどね、私は。脳筋か!

音量バーを下げる感覚でオーブも下げます。

ちなみに5度とかならいいのですが、6.5度とかやりたい場合はちょっとコツがいります。

このバーは60進数で刻まれているので、6.5度の場合は6.30度と入力する必要があります。

そのまま6.5度とやろうと思ってもできないので注意してください。

 

こんな感じでアスペクトの設定は終わりです。

次は惑星の設定です。まだまだあるよー!

惑星

よく見るとドラゴンヘッド&テイルとカイロンがあるので、非表示にしたいと思います。

「Setting」アイコンから設定画面に行きます。

一番上の「Displayed Chart Points」をタップします。

いらない惑星のレ点をタップして消します。以上。

ハウスシステム

私はプラシーダスよりコッホ派なので、ハウスを変更します。

「Setting」画面の、「Chart Calculations」をタップします。(1)

「House System」項目の「Placidus」をタップします。(2)

一覧が出てくるので、好きなハウスシステムをタップしてください。

こんな感じでハウスシステムの設定は終了です。

設定終了後のホロスコープ画面

(上の画像は使いまわしです。番号は関係ありません)

設定前と設定後の画像を並べてみました。大分すっきりしました。

本来はここからネイタルチャートのホロスコープ出力をする予定でしたが、思いの外ボリュームが大きくなったので、ここで一旦閉めようと思います。

また頑張って写真を撮りながら説明するので、見てくださいね……!

以上、蒲原ゆいでした!

Astro Gold

Astro Gold

posted withアプリーチ